1.友人から車を譲り受けました。どのような手続が必要ですか?
→「移転登録(=名義変更)」の手続が必要です。まずは、新しい所有者の車庫を確保し、車庫証明をとりましょう。名義変更の手続をしなければ、自動車税の納税義務者も変わりません。交通違反をしてしまった場合や交通事故があった場合にも、トラブルとなることが考えられます。道路運送車両法では、15日以内の手続が求められています。

2.引越しで住所が変わりました。どのような手続が必要ですか?
→「変更登録」の手続が必要です。まずは、新しい住所での車庫を確保し、車庫証明をとりましょう。新しい住所での住民票も用意し、運輸支局又は軽自動車検査協会で、変更手続を行います。道路運送車両法では、15日以内の手続が求められています。

3.希望ナンバーを取得するにはどうしたらよいですか?
→まずは、希望ナンバー予約センターへ申込みをします(インターネットからでも申込みできます)。その後、希望ナンバー予約済証、車検証、印鑑等を用意して、運輸支局又は軽自動車検査協会で、希望ナンバーの発行を受けます。
※一部のナンバーは、抽選制になります。

4.結婚して氏が変わりました。どのような手続が必要ですか?
→「変更登録」の手続が必要です。氏の変更がわかる戸籍謄本又は抄本を役所(役場)で取得し、車検証等を用意して、運輸支局又は軽自動車検査協会で、変更手続を行います。
 ※住所も変更になるときは、車庫証明が必要です。

5.知人からバイクを譲り受けましたが、車検証がありません。どうしたらよいですか?
→①250cc超のバイク(二輪の小型自動車)であれば車検証が必要です。車検証を紛失したのであれば、運輸支局で再交付を受け、その後、「移転登録(=名義変更)」の手続を行います。
②250cc以下(125cc超)のバイク(軽二輪)であれば、軽自動車届出済証が必要です。軽自動車届出済証を紛失したのであれば、運輸支局で再交付を受け、その後、「名義変更」の手続を行います。
③125cc以下のバイク(原付)であれば、標識交付証明書が必要です。標識交付証明書を紛失したのであれば、自治体窓口で再交付を受け、その後、「名義変更」の手続を行います。

6.車検が切れている車を、名義変更することはできますか?
→道路運送車両法により、車検が切れている車(軽自動車は除く)を、そのまま名義変更することはできません。ついては、先に車検を受けてから、その後、「移転登録(=名義変更)」の手続を行います。

7.法人名義の車を、社長個人の名義に変更したいのですが、できますか?
→社長といえども、会社の車を勝手に個人の名義に変更することはできません。この場合は、取締役会での承認を得て、「取締役会議事録※」を添付の上、「移転登録(=名義変更)」の手続を行うこととなります。
 ※取締役会を設置していない場合は「株主総会議事録」

8.車を廃車にしたいのですが、どのような手続が必要ですか?
→「抹消登録」の手続が必要です。なお、解体による永久抹消の場合は、解体に係る移動報告番号が必要です。



自動車登録、出張封印(車庫証明も承ります)
どうぞお気軽にご相談ください

行政書士業務の流れ   お客様の声

メール無料相談   行政書士業務のお申込み



下記の様な場合には、当事務所をご利用ください!

  • 自動車登録手続や車庫証明のために、平日に手続に行く時間がない
  • 業務の効率化のため、自動車登録手続や車庫証明は外注したい


行政書士の守秘義務

行政書士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士は正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。



自動車登録、出張封印手続のお申込み

自動車登録手続のお申込み

自動車登録、出張封印手続の代行を承っております。
御見積も無料となりますのでお気軽にお申込みください。



行政書士へのご相談

行政書士へのご相談

自動車登録、出張封印手続に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。



自動車登録、出張封印の対応地域のご案内

対面でのご相談は室蘭市、登別市、白老町、苫小牧市に対応しております。

郵便番号 〒050-0081
住所 北海道室蘭市日の出町3丁目4-32 アイウチビル2F
事務所名 行政書士法人きずな北海道 室蘭支店
TEL 0143-83-6868
FAX 0143-83-5350
営業時間 平日 9:00~19:00
平日夜間(要予約)も対応しております。お気軽にご相談ください。